WealthNavi for SBI証券で30万円を入金して運用してみる

WealthNavi for SBI証券で運用を開始

WealthNavi for SBI証券で運用プランを決定する

2017.03.23

SBI証券からロボアドバイザーWealthNaviの口座開設

2017.03.20

ネット証券最大手で200万口座以上あるSBI証券からクリック1つでロボアドバイザーを開始できるとあって、Wealthnaviへの申込みは急増しています。

SBI証券では ロボアドバイザー「WealthNavi for SBI証券」申込件数6,000口座突破し、1月31日(火)のサービス開始より、わずか20営業日で6,000口座、残高は25億円を達成したことがニュースにされています。

引用:ロボアドバイザー「WealthNavi for SBI証券」申込件数6,000口座突破のお知らせ ~1月31日(火)のサービス開始より、わずか20営業日で6,000口座、残高は25億円を達成~

 

 

 

SBI証券、住信SBIネット銀行なら30万円からスタートできる

なぜSBI証券から開設したかといえば、最低投資額が低いのが理由です。

Wealthnaviは経営方針として、少額の資産を運用するよりも実際に老後の資金が十分に得られる大きな資産の運用をメインにしています。このためWealthnaviに直接口座を開設して運用を始めるとなると、最低投資額が100万円とかなりハードルが高く設定されています。

これに対してSBI証券、住信SBIネット銀行なら最低投資額が30万円と3分の1までハードルが下がっています。1万円から投資できるロボアドバイザーもあるにはありますが、お試しや試験的運用としては十分開始しやすい額まで下がっています。

 

 

最低投資額はいくらですか?

「WealthNavi」をご利用のお客様:100万円(※)
「WealthNavi for SBI証券」をご利用のお客様:30万円
「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」をご利用のお客様:30万円
となっています。

引用:Wealthnaviホームページ

 

 

 

 

WealthNavi for SBI証券に最低額の30万円を入金

実際に、WealthNavi for SBI証券に最低額の30万円を入金してみました。

やり方は簡単で「メニュー>入金」から入金額と入金する銀行を選択するだけです。

提携金融機関はクイック入金に対応しているため、入金が直ぐに反映されます。

 

 

住信SBIネット銀行から入金

おなじSBIグループの住信SBIネット銀行ならログイン1つで簡単に入金できます。

 

 

 

運用は入金日の夜に自動的に開始される

ぶっちゃけ自動運用がウリのロボアドバイザーですから、この入金さえ完了すれば後はなにもすることはありません

運用方針であるリスク許容度を決めているため、夜には自動的に買い付けが行われて運用がスタートします。

自動運用がロボアドバイザーのメリットであり、魅力です。

毎日相場を見れないサラリーマンや忙しい方、相場を見るとどうしても感情的になってしまい失敗してきた方へロボアドバイザーでの自動運用は向いているのです。

しばらくは放置ですね。たまに目を通すくらいでいいでしょう。

 

 

初回入金をしたが、いつETFが購入されますか?

お客様のリスク許容度が決定されている上で、初回入金を、原則平日の20時までに行っていただくと、その日の深夜にETFを自動購入し、翌日の朝にはポートフォリオを確認できます。
(日本、ニューヨーク、どちらかが休日だった場合、翌営業日に購入されます)

なお、最低投資額は「WealthNavi」では100万円(※)、「WealthNavi for SBI証券」「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」では30万円からです。

引用:https://support.wealthnavi.com/hc/ja/articles/220188007

 

 

 

スポンサードリンク



WealthNavi

自動の資産運用サービス
Wealthnavi(ウェルスナビ)

ノーベル賞アルゴリズムの運用や大手メガバンクや政府系機関の出資高い透明性。SBI証券から手軽に口座開設して開始できる。高い評価のロボアドバイザー業者。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です