SBIソーシャルレンディングの口座開設方法

SBIソーシャルレンディングは業界でも老舗の業者

SBIソーシャルレンディングはその名の通り、ネット金融業界大手のSBIグループのソーシャルレンディングサービスです。SBIグループの100%子会社であり、設立も平成20年1月24日と歴史の浅いソーシャルレンディング業界の中でも古参に当たります。

このSBIソーシャルレンディングの扱っている案件の特徴としては、同グループのSBI証券との連携で、証券担保ローンへの投資などがあります。これはSBI証券で信用取引をしている個人投資家に対して、信用取引の資金を貸し出して利回りが得られる、SBIソーシャルレンディングならではの案件です。他にも不動産担保付きの投資案件などがあり、全体的には固めで安定が強いものが多くなっています。案件が少ないのがデメリットですが、たまに利回りが高く募集金額も大きな案件が公開されるのが楽しみです。

 

SBIソーシャルレンディングは古参ながらトラブル無し

SBIソーシャルレンディングは業界の中でもかなりの古参であり、設立から8年以上が経過しています。これまで小規模なものからほそぼそとソーシャルレンディングを続けてきていますが、その実績は安定したもので証券担保ローンではデフォルトになったものはもちろん、延滞した案件すらありません。運用比率は100%であり、安心の数字が出ています。むしろ100%、今までトラブルなしときれいすぎる数字を逆に疑いたくなってしまいます。

 

SBIソーシャルレンディングの口座開設方法

ソーシャルレンディング業者への口座開設に用意すべき書類は以下のとおりです。登録するときのメールアドレスや本人確認書類、そして入金元になる銀行口座です。

  1. メールアドレス
  2. 本人確認書類
  3. 銀行口座

 

まずはSBIソーシャルレンディングのホームページの会員登録から

 

利用規約の確認と同意

利用規約を確認します。この規約においてSBIソーシャルレンディング利用においてウェブサイトのダウンなどへの対応や個人情報の取扱などについて同意することになります。匿名組合契約や元本保証のない規約については各案件ごとに規約に同意することになります。当然ですが、ソーシャルレンディングへの投資はリスクがあり元本保証などありません。

 

アカウント情報を入力

まずはアカウント情報を入力します。ログインIDやパスワードを設定します。自分で選択できるのがいいですね。

 

 

登録メールアドレスに本登録用のURLが記載されたメールが届く

入力が完了すれば登録メールアドレスに本登録用のURLが記載されたメールが届いているのでクリックしたり、D&Dしたりしてブラウザで開きましょう。

 

 

ユーザー情報を入力

ここからはユーザー情報を入力することになります。投資家適合性は年収や金融資産や投資経験などを入力し、投資できるか適合性を確認します。年齢を満たしてなかったり、金融資産が少なかったり、金融資産が借入金や余裕資金出なかった場合などの条件によっては投資できない場合があるので注意して下さい。

 

 

本登録として個人情報を入力

本登録として個人情報を入力します。

 

 

銀行口座情報を入力

銀行口座情報を入力します。基本的にここで登録した銀行口座からSBIソーシャルレンディングに入金するためメインバンクを登録しておいたほうがよいでしょう。

 

 

 

本人情報の確認書類を送付

最後に先程入力した本人情報の確認書類を送付することになります。マイナンバーの番号入力、マイナンバーの確認書類、本人確認書類、銀行確認書類の4点を入力することになります。マイナンバーであればマイナンバーカードやマイナンバー通知書、銀行口座であれば銀行名、名義人、支店名or支店番号、口座番号が確認できるものが必要になります。銀行口座についてはキャッシュカードの写真やネットバンキングを使っている画面のキャプチャーなどでも有効です。

 

マイナンバー

  • マイナンバーカード
  • マイナンバー通知書

 

本人確認書類

  • 運転免許証「表・裏」
  • 健康保険証「表・裏」
  • マイナンバー「表のみ」
  • パスポート
  • 住民票
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書

 

銀行確認書類(銀行名、名義人、支店名or支店番号、口座番号が確認できるもの)

  • 預金通帳
  • キャッシュカード
  • ネットバンキング

 

 

 

 

下記の画面が出て終了

すべての情報が入力できれば下記の画面が出て終了です。

 

 

 

本人確認キーを入力して口座を有効化する

作業が終わった後は登録した住所宛に本人確認キーが書かれているハガキが届きます。ハガキは簡易書留になるので本人の受け取りが必要です。そして本人確認キーを入力すればすべてが完了します。

この本人確認キーですが、受取から24時間以内に入力しないと登録が完了しないとメッセージには記載されています。正直この縛りは必要かな?って思います。うっかり忘れたら24時間なんてすぐですからね。とにかくハガキを受け取ったらすぐに入力したほうがよいです。

 

 

 

入金→投資、ではなく 出資申込→入金の流れ

ラッキーバンクなどでは予めラッキーバンクで自分の口座が保有でき、予めここに入金をしてから各案件への投資を行います。そのため自前の口座に余裕資金が持てます。

しかしSBIソーシャルレンディングの場合は下のような流れになっており、予め出資したい案件に申込を行った後にその出資金額をSBIソーシャルレンディングに送金することになります。

順番が違いので気をつけましょう。

 

―― 【出資の流れについて】 ――――――――――――――――――――――――

①会員サイト内『出資申込』のタブより、出資したいファンドを選択。

②画面にしたがい出資申込の手続きを完了させる。
※会員サイト内『投資情報⇒投資登録一覧』より申込状況をご確認いただけます。

③メッセージボックスに送信される「出資金送金のお願い」という件名の
メール本文中に記載されている弊社指定の銀行口座へ、出資金を送金する。
※メッセージが届くまでには、お時間を頂戴する場合がございます。

 

 

 

SBIソーシャルレンディングの安全性

ソーシャルレンディング事業を日本で行うには金融商品取引業者の登録と、貸金業への登録が必要となります。SBIソーシャルレンディングは金融商品取引業者として関東財務局長(金商)第2663号、貸金業者として東京都知事(2)第31360号に登録されており、正規のソーシャルレンディング業者であることがわかります。

また株主構成はネット金融業界大手のSBIグループであり、信頼性はかなり高い業者といえるでしょう。ちなみにそのSBIグループ(証券コード:8473)、東証一部上場企業でもあり、2016年3月期決算においては、売上高2617億円、当期利益366億円と、利益が300億円を超えている文字通りの大企業でもあります。系列のSBI証券なども証券口座数300万を突破して堂々の業界シェア1位です。ネット金融業界においてはSBIグループは覇者として君臨しています。

 

SBIソーシャルレンディング
>> SBIソーシャルレンディングのホームページへ

 

スポンサードリンク



ラッキーバンク

全案件不動産担保付きの専門業者
ラッキーバンク

取り扱い案件は6~10%という高い利回りが設定されており、不動産担保がついてくると合って【高利回り】【不動産担保の安心】の特徴から、募集開始1分で完売続出の非常に人気のソーシャルレンディング業者です。