ロボアドバイザーは大きく2種類にわけられる

流行り始めたロボアドバイザー

「投資する時間がない」「何に投資すればいいかわからない」「自分に何が最適なのか迷う」、投資とは非常に難しく時間のかかるものです。特に日中仕事をしている現役世代の方々には時間が足りないです。ですが最近ロボアドバイザーというものが話題になってきました。このロボアドバイザーとはAI:人工知能が投資家の情報を分析して、その人に最適の投資方法や投資先などを自動判別してくれるロボット投資です。

 

昔は富裕層限定だった

もともと投資に対するコンサルティングや投資をすべて一任するサービスが証券会社には用意されてきました。SMA(セパレートリー・マネージド・アカウント)などとも呼ばれます。一つの口座で様々な資産運用サービスが利用可能な口座でしたが、最低投資金額が数千万円とか1億以上とかと富裕層向けのサービスとなっていました。しかしネット証券がAI:人工知能を導入し、各々の投資環境にAIが解を与えられるようになったため、人を必要とせずにAIによって多くの人にサービスを提供できるようになって人的コスト削減が実現したことで、格安で投資金額も低い額から自動ロボット投資ができるようになってきました。

 

アドバイス型と投資一任運用型の2種類がある

現在ロボアドバイザーは大きくわけて2種類あります。簡単に言えば「アドバイスのみ」、「全てお任せ」の2つです。アドバイスとは三菱UFJ国際投信が提供しているPORTSTARなどに代表されるように、投資家個人に合った投資信託をアドバイス・提示してくれるサービスです。投資家の保有金融資産や投資方針、リスク許容度、年齢、家族構成などを入力して、その人にあった最適な投資先や投資方法を提示してくれます。しかしこのサービスはそこで終了です。実際にお金を入金して投資信託やETFを買い付けするのはその人次第になります。ですから投資信託を購入しなければ投資は開始しませんし、手数料はその投資信託にかかるもののみになります。

これに対して「全てお任せ」の投資一任運用型は、その人にあった最適な投資先や投資方法を提示してくれるだけでなく、そこから先の投資まで自動で行ってくれます。投資信託やETFの購入、管理、再投資、リバランス、税金最適化などをすべて自動で行ってくれるのです。もっともそれにはいくらかの手数料がかかってきます。大体どこも運用資産額の1%程度の手数料を取るために、自分でやるのと比べれば手数料コストはかなり高くなります。1%かかるために、基本的にはそれ以上の運用成績を上げなければやっていけませんので、必然的にリスク許容度が高い投資をする傾向が強くなります。

 

簡単に行ってしまえば、自分でやれるのでアドバイスだけ聞きたい人は「アドバイス型」を。

面倒くさい、わからない、やって欲しい、という人は「投資一任運用型」のほうを選択することになります。

ただ投資というのは各々の環境によって大きく変化するものなので、慎重に自分の投資環境を認識する必要があります。

 

各ネット証券のラップサービスの比較
証券会社 サービス名 信託報酬
アドバイスのみ
野村證券 野村のゴールベース 個別
カブドットコム証券 FUND ME 個別
三菱UFJ国際投信 PORTSTAR 個別
みずほ銀行 SMART FOLIO 個別
SBI証券 SBIファンドロボ 個別
東海東京証券 カライス 個別
松井証券 投信工房 個別
投資一任運用型
楽天証券 楽ラップ 0.65%
マネックス・セゾン・バンガード MSV LIFE 0.80%
エイト証券 クロエ 0.88%
ウェルスナビ WealthNavi 1.00%
お金のデザイン THEO 1.00%
大和証券 ダイワファンドラップ オンライン 1.08%

 

スポンサードリンク



WealthNavi

自動の資産運用サービス
Wealthnavi(ウェルスナビ)

ノーベル賞アルゴリズムの運用や大手メガバンクや政府系機関の出資高い透明性。SBI証券から手軽に口座開設して開始できる。高い評価のロボアドバイザー業者。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です