ラッキーバンクの投資案件にスマホで申し込んでみた

相変わらず人気のラッキーバンク

関東財務局よるみんなのクレジットへの行政処分の内容

2017.03.30

先月末に行政処分を受けて大騒ぎになったみんなのクレジット、償還遅延が発生したmaneoなど騒ぎが収まらないソーシャルレンディング業界ですが、その中でも人気業者であるラッキーバンクは相変わらずの高配当案件を提示し続けており、その募集はあっという間に完売してしまうほどの人気が続いています。

その人気っぷりは募集開始時間になると投資が殺到し、ものの数分で募集金額が満額となってしまいます。本日4月26日にも2件の案件が19:00に募集開始ということで低額ながら投資に参加してみました。しかし19:00頃は用事があったためPCの前にはいられず、出先でスマホで申し込みをしてみました

 

 

ラッキーバンクにはスマホアプリはない

まず確認したのがスマホアプリですが、残念ながらラッキーバンクのアプリはありませんでした。そのためスマホのブラウザを使って申込みをすることになりました。スマホといえどブラウザはPCと同じように使えるためほとんどやり方などは問題ありません。19:00数分前にはマイページにログインし、19:00ちょうどになったら更新ボタンを押すつもりで待っていました。

 

 

回線速度のせいか、更新されない・・・

19:00になったところで更新ボタンを押す!それまではよかったのです。しかしいつまでたってもくるくる更新ボタンが回転するだけ・・・ようやく画面が更新されたときには19:01を回っていました。でも1分くらいならまだ大丈夫。申込みにはファンドと匿名組合契約を結ぶためのPDFを確認しなければなりません。これをクリックするとさらにくるくる

 

 

 

あまりにも画面が更新されないので、再度更新ボタンを押すと次の画面に。

 

 

 

全く間に合いませんでした・・・

 

 

ラッキーバンクは投資履歴を見ることができます

一体いつに募集金額は満杯になったのか、ファンドの投資履歴を見ることで確認できます。

一番下の人が最後のラッキーボーイですね。時間は19:01:24、19時1分の24秒ということですね。ものの1分半で募集金額が埋まってしまったということです。これがラッキーバンクの人気っぷりの証拠です。正直、スマホで外の不安定な回線で競争するのは無謀でしたね。応募するなら回線が安定していて、スペックが高いデスクトップPCの前でやるべきです。

 

ラッキーバンクの人気っぷりはみんクレ騒動の後も全然変わらず

上記のようにラッキーバンクの人気っぷりはみんなのクレジットの騒動のあとでも全然変わらずに、ものの数分で完売する状況が続いています。少しは投資を控える人が増えるかと思っていたものですが、逆に高配当のみんなのクレジットに投資できなくなった資金がラッキーバンクに流れてきていると思えるくらいですね。応募金額も100万円とか300万円をドカンと一気に投資する人も多く、人気が全然落ちていません。

ソーシャルレンディング業者も独立系で設立が浅い業者が最もリスキー

2017.04.03

投資をしようとしておいてなんですが、ラッキーバンクは業者としてのリスクは多少高いと考えています。以前の記事で独立系で設立が浅い業者が最もリスキーである可能性を考えており、ラッキーバンクはこれに結構合致しているのであまり大きな資金を預けることはリスクだと思います。とはいえ先のことなどわからないので投資候補としてはありなので、少額資金での投資を少ししていくつもりです。もちろん分散は必須です。

 

 

スポンサードリンク



ラッキーバンク

全案件不動産担保付きの専門業者
ラッキーバンク

取り扱い案件は6~10%という高い利回りが設定されており、不動産担保がついてくると合って【高利回り】【不動産担保の安心】の特徴から、募集開始1分で完売続出の非常に人気のソーシャルレンディング業者です。