coincheckに「NEM」「Litecoin」「DASH」が追加され、取扱通貨数はダントツ1位

coincheckに新たに「NEM」「Litecoin」「DASH」が追加

coincheckにさらに仮想通貨3つが追加されることになりました。「NEM」「Litecoin」「DASH」の3つになります。これまでcoincheckにはビットコインの他にイーサリアム、リップルなど9通貨が取引できましたが、さらにそこに3つ追加されるということです。

 

 

現行の9通貨に加えてさらに3通貨が追加される

現在、日本の仮想通貨取引所は人気のところが2つあり、ユーザー数20万人、月間取引高450億、資本金約40億の財務基盤など、資本関係や取引量が充実しているのはbitFlyer、利用しやすさや取り扱い仮想通貨の多さなどで初心者にオススメされているのがcoincheckになります。このcoincheckはますます取扱通貨が増える一方、ビットコインとイーサリアムしか取引できないbitFlyerとは大きな違いができてきました。

 

 

追加仮想通貨:NEM(ネム)について

NEM(ネム)は、ビットコイン2.0の一つで、アルトコインの一種です。NEMという名称はNew Economy Movement(新たな経済運動)の略称で、その仕組みにはPoI (Proof-of-importance)を採用しています。通貨は「XEM」と呼ばれます。

 

 

追加仮想通貨:Litecoin(ライトコイン)について

Litecoin(ライトコイン)は、ビットコインに次ぐ時価総額を持つ暗号通貨で、アルトコインの一種です。ビットコインが「金」と例えられるのに対し、Litecoinは「銀」と例えられます。通貨は「LTC」と呼ばれます。

 

 

追加仮想通貨:DASH(ダッシュ)について

DASH(ダッシュ)は、2014年に公開された通貨で、アルトコインの一種です。「秘匿性の高さ」と「即時取引(承認)」に優れた特徴をもっており、通貨は「DASH」と呼ばれます。改名以前は「Darkcoin(ダークコイン)」と呼ばれていました。

 

今回は3通貨追加されて、こうなりました。

 

スポンサードリンク



bitFlyer

日本最大のビットコイン取引所
bitFlyer

日本のビットコイン取引所。ユーザー数30万人、月間取引高500億、メガバンクから資本金約40億の財務基盤で安心。
預金封鎖対策にも、通貨安対策にも、21世紀は仮想通貨の時代に!