みんなのクレジットの運営会社ブルーウォールジャパンについて

勧告を受けたみんなのクレジット

証券取引等監視委員会に勧告を受けたみんなのクレジットですが、その運営会社についてはよく知られていません。

 

みんなのクレジットの株主はブルーウォールジャパン

みんなのクレジットの株主はブルーウォールジャパンという企業です。 こちらは代表者である白石氏や上場企業の会長等が株主の資産管理会社になっています。ホームページもありますので、自由に閲覧することができます。

 

 

 

事業内容はITや不動産など多岐にわたる

ホームページに記載されている事業内容としては「不動産開発」「IT」「AI」「事業再生」など多岐にわたる事業を手がけているとの説明があります。なにかと話題の事業などいろいろ手がけていることがわかりますが、詳細な説明はありません。

 

 

 

関連企業にみんなのクレジット

そしてグループ企業として今回問題になった「みんなのクレジット」、そして株式会社ブルーアートも紹介されています。これは美術品を管理する会社のようですが、どうしても美術品については怪しいイメージがあります。

 

 

代表である白石伸生は全日本プロレスのオーナー

この白石伸生ですが、このブルーウォールジャパンこそ全く知られていませんが、プロレスファンにとってはかなり知られた存在でもあります。2012年に全日本プロレスの株式を100%取得しオーナーになっていた存在でもあるのです。

しかしオーナー就任後は数々の問題発言・無責任発言を繰り返しており、組織の内部分裂を引き起こしています。どうもFacebookで「ヤラセプロレス」という言葉を繰り返して問題になっていたようです。その後強権を発動して新体制を作ったため、武藤敬司は組織を辞任しています。


 

いろいろと過去の経歴も怪しいイメージがつきまとう

これについては悪質であるという話もあれば、彼のおかげで全日本プロレスは消滅せずに存続した、という意見もあり、評価は一定ではありません。しかしこのことから彼は事業買収や事業再生に何度もかかわっている経歴があり、その経歴の案件がどれこれもよくわからないものばかりであるということです。プロレス事業者というよりは、身売り寸前だった団体を安く買い取って高く売るような再生屋が得意であるような感じが強いですね。

 


スポンサードリンク



ラッキーバンク

全案件不動産担保付きの専門業者
ラッキーバンク

取り扱い案件は6~10%という高い利回りが設定されており、不動産担保がついてくると合って【高利回り】【不動産担保の安心】の特徴から、募集開始1分で完売続出の非常に人気のソーシャルレンディング業者です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です