bitFlyerアカウントをエコノミーにアップグレードした

bitFlyerでビットコインを購入するには 「エコノミークラス」 以上へのアップグレードをする必要があります。アップグレードの手順は簡単です。bitFlyerのマイページにログインした後、ホーム画面のアカウントクラスの項目にある「アカウントクラスをアップグレードする」をクリックします。するとアップグレードしたいクラスの条件が提示されるため、その条件を満たせばよいだけです。例えばスタンバイクラスの次にあたるエコノミークラスのアップグレードをしてみます。エコノミークラスにアップグレードするには、Facebookとの連携、もしくは携帯電話のSMSメッセージによるコード確認が必要となります。

ここでは携帯電話による認証を行ってみます。上記のアカウントアップグレード画面の携帯電話認証をクリックします。すると次のような画面が出てくるので、その入力欄に携帯電話の番号を入力するだけです。ここで入力した番号SIMが搭載されている携帯電話のSMSメールに、認証コードが記載されたメールが送られてきます。入力をすればすぐに送信されるため、受信するのには1分もかかりません。

ただ注意点があります。自分の携帯電話端末にメッセージの受信拒否設定などがされていると、メッセージがブロックされて届かないことがあります。基本的にはすぐ受信できるため、送信してから数分かかっても受信できない場合は、なんらかのフィルターが働いてメッセージがブロックされている可能性が高いです。もっとも高い可能性は海外からのメールを受信拒否している設定です。その場合は携帯電話の設定画面 「SoftbankであればMySoftBankの設定画面」 などで受信拒否の解除設定をしてください。もしそういった解除設定や設定方法そのものがわからない場合は、音声認証するという手もあります。メッセージ送信画面の下にある 「確認コードを音声で通知する」 ボタンを押せば、機械による自動音声ガイダンスの電話がかかってきます。そこで読み上げられたコードを入力することでメッセージを受信することなく、コードを入力することができます。

無事コードが入力できれば下の画面が出ます。

ホーム画面に戻り、アカウントクラスの項目を確認すれば 「エコノミークラス」 にアップグレードされたことが確認できます。

エコノミークラスになればビットコインの購入・売却やビットコインの送付などが自由になります。しかし結局ビットコインを持っていない人にとっては資金を入金しないと買えないわけですから、もともと他のところでビットコインを持っている人以外はエコノミークラスよりも銀行口座を登録する上位グレードへのアップグレードが必須です。

 

スポンサードリンク



bitFlyer

日本最大のビットコイン取引所
bitFlyer

日本のビットコイン取引所。ユーザー数30万人、月間取引高500億、メガバンクから資本金約40億の財務基盤で安心。
預金封鎖対策にも、通貨安対策にも、21世紀は仮想通貨の時代に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です