ビットコイン販売所、ビットコイン取引所、bitFlyer Lightningの違い

ビットコイン販売所、ビットコイン取引所、bitFlyer Lightningの3つの違い

bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコイン取引所ですからビットコインを購入することができます。ただビットコインを買うといっても、bitFlyerには3つの方法が用意されています。bitFlyerにはビットコイン販売所、ビットコイン取引所、bitFlyer Lightningの3つの購入場所が用意されています。似たような名前でとても紛らわしいのですが、買う相手が全然異なります。

 

「ビットコイン販売所」:

これはビットコインの取引相手がBitFlyerになります。bitFlyerが提示した価格で、bitFlyerが所持するビットコインを購入することになります。非常にわかりやすいレイアウトで、初めて買うにはいいかもしれませんがスプレッドがかなり広くなっており、不利な価格での売買になることが多いです。また注文は成り行きしかできません。

 

ビットコイン取引所:

こちらはビットコインの取引相手はbitFlyerではなくビットコイン市場となります。取引相手は市場に参加している他のビットコインユーザーであり、価格は需給で決まっていくため公平性が高い買い方でもあります。こちらは成り行きでだけでなく、「指値注文」 も可能です。

 

BitFlyer Lighting:

こちらのBitFlyer Lighting はbitFlyerがプロ向け取引所と指していることもあって、非常に高機能な取引ツールでのビットコインの売買ができるようになっています。ビットコインだけでなく、FX 取引、イーサリアムの現物の取引に対応した取引所です。現物取引では日本円でビットコインを買うこともできれば、持っているビットコインを売って、円に替えることもできます。FX では、5 倍のレバレッジを効かせ、値上がり値下がり双方で利益を狙うことができるビットコインというよりは、もう完全な取引ツールになっています。ただ注意しなければならないのが、取引数量が0.01単位ではなく、その10倍の0.1単位となっています。取引単位が大きな取引所となっていますので、ある程度の取引数量が必要な場合にのみ使ったほうがいいでしょう。

 

スポンサードリンク



bitFlyer

日本最大のビットコイン取引所
bitFlyer

日本のビットコイン取引所。ユーザー数30万人、月間取引高500億、メガバンクから資本金約40億の財務基盤で安心。
預金封鎖対策にも、通貨安対策にも、21世紀は仮想通貨の時代に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です