bitFlyerでビットコインを送るのに必要なビットコインアドレス

ビットコイン送受信にはビットコインアドレスが必要

bitFlyerは取引所で買ったビットコインを他のところへ送ったり、逆に他のところからbitFlyerの自分のアカウントへ送ってもらったビットコインを受け取ったりすることができます。そのときに必要となるのがビットコインアドレスというものです。

ビットコインというのは管理者がいませんので、このビットコインアドレスが所有者を判別するものになっています。非常に重要です。基本的にビットコインの受け取りや支払いはこのビットコインアドレスを入力するだけで、本人確認など何もすることなく送金、入金となってしまいます。このビットコインアドレスがビットコイン取引の全てと言ってもいいくらい大切なのです。

 

ビットコインアドレスとは

このビットコインアドレスというのは銀行でいえば口座番号みたいなものになります。

「1BitQEtcoxAnViwUYX9k6KupmmsEfWrGnr」

上記のような1または3から始まる27~34文字の英数字から成り立っており、bitFlyerの自分のアカウントにも設定されています。

標準のビットコインアドレスは1で始まり、よりセキュリティーの高いマルチシグアドレスは3で始まります。bitFlyerではマルチシグアドレスを無料で手に入れることができます。ちなみにbitFlyerのビットコインアドレスは3から始まるのでセキュリティの高いものになっています。

 

 

bitFlyerのビットコインアドレス

bitFlyerのビットコインアドレスは「設定 >  bitFlyer アカウントご登録内容」の下部にて確認することができます。

以下はbitFlyerの画像です。

 

 

BTC預入画面でも確認できる

「入出金 > BTC預入画面」からも自分のビットコインアドレスを確認できます。

自分のアドレスに送信するからこそ、ビットコインを受け取ることができるのですから当然ですね。アドレスがわからなかったら送ることはできませんから。

 

 

【ビットコインアドレスは間違えてはいけない】

ビットコインの取引はこのビットコインアドレスで行われます。よってこれを間違えると大変です。管理者がいないため間違えた取引を消すことはほぼできないからです。手動入力はやらずに、必ずコピー&ペーストするか、QRコードを読み取るなど、間違えないように気をつけないといけません。

 

 

スポンサードリンク



bitFlyer

日本最大のビットコイン取引所
bitFlyer

日本のビットコイン取引所。ユーザー数30万人、月間取引高500億、メガバンクから資本金約40億の財務基盤で安心。
預金封鎖対策にも、通貨安対策にも、21世紀は仮想通貨の時代に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です