ビットコイン長者となったノルウェー人のサクセスストーリー

ビットコインで億万長者になっていたノルウェー人

最近なにかと値上がりや値下がりが話題のビットコインですが、最初はほんのわずかの価値しかありませんでした。ビットコインが導入されたのは2009年ですが、その頃は誰もここまで仮想通貨の信用が高まり、法定通貨の代わりとして通貨市場に存在感を示すほどのものになるとは信じられなかったのです。

そんなビットコインをリリース直後にちょっと購入したまま放置して、気づいたら億万長者になっていたノルウェー人の方のストーリーがあります。この方のビットコイン・サクセスストーリーがビットコインの存在感を高めたことも確かです。

 

 

ビットコイン・サクセスストーリー

そのノルウェー人の方はビットコインが丁度リリースされた年の2009年にビットコインをわずか27USDほど買っておきました。日本円では当時のレートで2500円ほどです。ほんのちょっとの買い物レベルだったのです。それがあっという間に値上がりの値上がりを重ねてなんと886000USDまで価値が上昇したのです。1ドル110円と考えると1億円をも超えています。

 

 

額にしてなんと33000倍、3,300,000%の利回りというわけのわからん数字になっています。この方は値上がりした利益で家をまるごと買ったそうです。2,400円が1億円にもなる、これぞまさにビットコイン・サクセスストーリーです。

最近のビットコインは値動きこそ激しいですが、市場が大きくなり以前のような何十倍、何百倍になる可能性はかなり薄くなっています。価値が安定しだしてきたからこそ、あちこちで法定通貨に代わる決済通貨としての採用が増えているのです。これからはビットコインへの値上がり期待の投資というのは微妙なところです。

 

 

第二のビットコインを狙って数々の仮想通貨が

上記のビットコインの値上がりによるサクセスストーリーにあやかろうと多くの人が第二のビットコインを探そうと必死になっています。ビットコインはすでに上がってしまっていますが、ビットコイン以外の仮想通貨であればまだまだ何十倍、何百倍にもなる可能性があります。

 

たくさんの仮想通貨が取引できるcoincheck

例えば日本一仮想通貨がカンタンに買えるcoincheckであれば、上記のようなビットコイン以外のイーサリアムやリップルコインなどが取引できます。仮想通貨は何百と数がありますが、その多くは信用を得られずに消えていってしまうため投資は非常にリスクが高くなります。ノルウェーの方の例と同じように軽い金額でやるべきです。

 

 

各仮想通貨の時価総額を参考に

仮想通貨の取引で重視することはまずは時価総額です。ある程度の流通量が確保できていないと取引自体が成立しないこともありますし、場合によってはそのまま消えていってしまうこともあります。誰にも気づかれてない通貨を買い占めて、気づいたら無茶苦茶上がっているというのが理想ですが、あまりに小さい通貨であると、上る前に消えてしまう可能性大です。

仮想通貨の時価総額はCrypto-Currency Market Capitalizations:仮想通貨時価総額ランキングで確認することができます。現在のところビットコインがダントツの価値をもち、時点がイーサリアム、リップルです。

 

 

スポンサードリンク



bitFlyer

日本最大のビットコイン取引所
bitFlyer

日本のビットコイン取引所。ユーザー数30万人、月間取引高500億、メガバンクから資本金約40億の財務基盤で安心。
預金封鎖対策にも、通貨安対策にも、21世紀は仮想通貨の時代に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です