ビットコイン、2017年2月初頭の急落

 

ビットコインは2016年末にかけて日本円換算で10万円以上の大台を再び突破して値上がりを続けています。これはトランプ相場の余波という感じも強く、値上がりがどこまでいくかはもうわからなくなっています。

 

ただ相変わらずビットコインのボラティリティーはとても高く、ニュース1つであっという間に急落します。2017年2月頃には12万円も超えていたのですが、たった一日で1万円以上の急落を起こしています。下落率に関して言えば10%近くです。これは今110円のドル円が一気に100円を割り込むような急落であり、とても主要通貨と比較すると安定度は比較にならないことがよくわかります。仮想通貨としては一定の位置を確保したビットコインですが、まだまだ通貨の信用としては主要国の法定通貨には及びませんね。

 

でもそういった急落をおいてもビットコインは右肩上がりを崩さない強いトレンドが続いています。将来はハッキリわかるわけではありませんが、ビットコイン自体はもう一定の信用を得ているので、急落することはあっても無くなるようなリスクはかなり小さくなったように感じます。逆に高金利ではあるけれどもインフレ懸念と政治リスクで下がり続けるトルコリラより信用は上じゃないかとも思えます。というわけで、急落は買いをいれるチャンスと見ていいですね。

 

 

スポンサードリンク



bitFlyer

日本最大のビットコイン取引所
bitFlyer

日本のビットコイン取引所。ユーザー数30万人、月間取引高500億、メガバンクから資本金約40億の財務基盤で安心。
預金封鎖対策にも、通貨安対策にも、21世紀は仮想通貨の時代に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です